2017.01.27

メンバー

台湾から入社するために日本へ【エンジニア李インタビュー】

五十嵐
台湾から入社するために日本へ【エンジニア李インタビュー】

皆さんこんにちは。人事担当の五十嵐です。

現在、日本国内9都市に拠点を構えるマーケットエンタープライズですが、実は海外からの才能豊かなグローバル人材も採用しています。

今回のメンバー紹介は、昨年2016年に台湾大学院を卒業し、新卒入社へ当社に加わってくれたシステムエンジニアの李のインタビューです!

なぜ日本に働く事に興味を持ったのか、またファーストキャリアをマーケットエンタープライズに選んでどう感じているかなどを、聞きました。

20170126_2

〈真面目な話も、楽しい雑談もたくさんきかせてくれました!〉

 


 

―現在の業務内容について教えてください。

現在はシステムデザイン本部でシステムエンジニアとして活動しています。新規プロジェクトにも参加し、大学院時代に学んでいた検索エンジンや機械学習の知識を活かして、社内の数字を可視化することに挑戦しています。

 

―積極的に挑戦しているということですが、今の仕事の面白さってなんですか。

とにかく毎日楽しく働いています!一人で作業に向き合うだけではなく、チームでプロジェクトに参加できる仕事のスタイルにもやりがいを感じます。

当初、エンジニアは依頼を受けたものを形にするんだ、と考えていましたが、プロジェクトに参加するうちに、そうではなく、自分で考え抜いて経営者視点でシステムを開発することの楽しさも学びました。こういった視点を変えることができたことは、自分の成長だと感じています。

 

-データを扱う職業として心がけていることなどはありますか?もしくは仕事を進める上でのこだわりなどがあれば教えてください。

常にちゃんと自分の目でデータや周りを見て、頭で考えることを大切にしています。新しい質問や考えを自分から発言することはデータを扱う仕事を行う上でいちばん重要なものだと思っています。

 

―そもそも、日本で働こうと思ったきっかけはなんですか。

台湾大学で学生生活を送っている時に、友人に薦められて日本の漫画を読み、日本語に興味を持ったのがきっかけですね。その後、独学で日本語会話も学び、ちょうど就職を考えていた際に日本で働くことの面白さと可能性を感じて、決めました。

 

―独学とは思えないくらい日本語が上手で李さんと初めて会った時はびっくりしましたよ!日本の企業のなかでも、マーケットエンタープライズに選んだ決め手はなんですか。

会社説明会でマーケットエンタープライズの話を聞く機会があったんです。そこで、社長が、自社の技術やサービス、開発環境、今後のビジョンなど多くのことに自信をもって話していて、ここでの仕事はやりがいがあると感じました。また、大きな可能性があるとも確信しました。

加えて、IT×リアルという独自性のあるビジネスモデルに面白みを感じ、自分の感性や身につけてきた知識も活かすことができるのではないかと思い、入社を決めました。

 

―マーケットエンタープライズの社風や雰囲気はどう感じますか。入社してからのギャップなどはありますか?

とても自由な社風が気に入っています。社内は明るく、みんな優しいのですぐにコミュニケーションがとれ日本に慣れることができました。また、言われたままやるのではなく、現状に満足せずにチャレンジし続ける社内の雰囲気も自分にとても合っていると感じています。

なので、ギャップに思うことも実は特にないんです。日本で生活することにも不自由さを感じたことはなく、生活を楽しむことができています。

20170126_3

〈ワンフロアのオフィスで意見交換をしながら仕事を進めています〉

 

 

―話は変わりますが、日本に来てもうすぐ1年ですね。休日の過ごし方などプライベートな面も少し教えてください。

自転車で出かけるのが好きです。この間は往復60kmの距離を走ってきました!とても疲れたのでしばらくは近場だけでいいですね(笑)美術館や博物館などを巡るのも好きで、神社巡りにも挑戦しています。今、一番訪れたいのは広島県の厳島神社です!

 

―日本で好きになった食べ物などはありますか。

実は、アメリカンドッグが大好物です!(日本ではないかもしれませんが・・・)毎朝コンビニで買ったアメリカンドッグを、社内のリフレッシュルームで食べ一息ついてから業務を始めるようにしています。これが病みつきなんです。

 

―最後に今後の夢や目標を教えてください!

人生を楽しく謳歌したいというのが一番です。仕事では、勉強した知識を出来る限り最大限度で活用し、データサイエンティストを目指して頑張ります。

20170126_4

〈全社員の前での自己紹介では、中国語・英語・日本語の3ヶ国語でスピーチしてくれました!〉

 

たくさんの質問に、終始笑顔で答えてくれて私も彼の新しい一面を知ることができました。日本の生活にそれほどギャップがなく送れているのは驚きですね!

プロジェクトチームの中でも数多くのミーティングを行い、意見をぶつけあっているのが印象的ですが、そんな彼からいつも笑顔が溢れているのは本当に仕事を楽しいと思っている証拠だと感じました。

優秀なグローバル人材も加入し、徐々に強固な組織となりつつある当社ですが、会社の成長と自分の成長が実感できる環境で働いてみたいという方のご応募をこれからもお待ちしています。

■リクルートサイトはこちら■

人気の記事

PAGE TOP