2017.07.28

とりくみ

今期のテーマが決定!過去のテーマポスターから振り返る成長の軌跡

五十嵐
今期のテーマが決定!過去のテーマポスターから振り返る成長の軌跡

こんにちは、五十嵐です。
今回は毎年、弊社が期初めに定めている「テーマ」について紹介します。

 

弊社が新しい期を迎えるのは7月です。前回の記事でもご紹介したとおり、盛大にキックオフミーティングを行うと同時に、弊社では、今期の、会社が一丸となって取り組む共通のテーマの発表もしているんです。

キックオフミーティングについて  http://blog.marketenterprise.co.jp/20170713

今年は、制作チームによって発表のムービーが作成されるなど、気合の入った大々的なコ
ンテンツとなりました。今年のテーマを発表するその前に・・・

 

なぜ毎年「テーマ」を決めるのか?

弊社が、伝統的に大切にしていることは、全社員が一丸となりベクトルを合わせて行動することです。現在270名を超える社員全員が同じ方向性を持ち続け、会社として最大限の力を発揮するために必要だと考えているのが、一年ごとの会社としての「テーマ」なんですね。一年の間にもさまざまなアクションを実施する、ベンチャー企業の弊社ならではの考え方です。

 

もちろん、会社のアイデンティティである普遍的な企業理念を大切していますが、この「テーマ」は一年ごとに刷新することで、変化と成長の激しい弊社の立ち位置を再確認すると同時に、自分たちが目指す方向性を統一することができます。

 

テーマワードだけではなく、メンバーに親しんでもらうため、ビジュアルにもこだわりつくして、ポスターの制作もしてるんです。これが、結構本格的!
これから紹介するのは、今期テーマを含めた過去5年間のテーマです。過去のテーマを振り返るだけでも、急成長を続けるベンチャーならではの変化を感じていただけるかもしれませんね。もちろん、ギャラリーとしても見ごたえがありますよ!

 

 

過去の「テーマ」を振り返ろう!

このテーマを設け始めたのは、いまから5年前です。今年のテーマを紹介するその前に・・・過去のテーマもご紹介します!もったいぶります(笑)

 

まず、左が第8期のもので最初のテーマです。ヒーローがモチーフとなっています。企業理念にも掲げている「主体者」をヒーローで表しているんです。また遠くを見ているのは先の未来を見つめ、そして「リユースをより身近にする」という意識を改めて掲げることで、ここから始まる、という「夜明け」を表現しています。
右は、第9期のテーマで「DAPPI」です。成長から変化を求めて「脱皮」する様子の大胆な表現です。サービスや制度の曖昧さを改善し、仕組みや管理自体を「脱皮」するという意図がこめられています。「脱皮」の先には東証マザーズ上場達成という大きな通過点も迎えました。ちなみに私が、弊社の新卒面接を受けている時にはこのテーマでした。面接会場にも大きく飾られていて、こだわりを感じたのを良く覚えています。

 

第10期は「Reborn」というテーマで2枚のモチーフを制作しました。この年は、ちょうど東証マザーズ上場を経たタイミングでした。そこで、更なる飛躍のため「King of Reuseへの道」ということで王者の証であるライオンを堂々と用いました。自分たちが王者になろう、という意味を表現しています。もう一枚は、それでもまだベンチャー魂を持ち続ける、という気持ちがこもった「10歳に満たないやんちゃ小僧」。この2つを両軸で掲げていた1年間でした。また、「Reborn」には、本社の移転やロゴのリニューアルを経て「生まれ変わる」ということと、弊社初の独自のECサイトである「ReRe」が「Born(生まれる)」という意味も込められています。

■ReReはこちら https://www.rere.jp/

 

第11期のテーマは「NEXT STAGE」でした。10周年を迎えたタイミングであり、次のステージに進もうという決意を、登山に例えて表現しています。新規事業の発表、弊社初の子会社の設立、地域限定社員や外国人メンバーを採用する雇用形態の多様化など、アーリーベンチャーからミドルベンチャーへの道の最中で、まさに次のステージへ、挑戦をした1年でした。

 

さて、お待たせしました。ついに今期のテーマの発表です。
今期のテーマはこちら!

 

どん!

どどん!!

 

今期は「顧客フォーカス」というテーマに決定しました!過去のテーマとはまた雰囲気が異なりますね。
弊社のビジョンである「最適化商社」を達成するためには、何よりも目の前のお客様に最適なサービスを提供しなければならないと、改めて掲げています。今までの弊社の歴史を振り返ってみても、顧客のニーズを捉え、IT×リアルを駆使してサービスの拡充と改善を行ってきたことに間違いはありません。しかし、今回敢えてテーマにし、サービスの質を高めることで、お客様からより心のこもった「ありがとう」を多く受け取ることができる1年にしたいと考えています。

 

▲ポスターを囲んで、記念撮影です。

▲お客様にこだわりを持って、質の高いサービスを創りましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?テーマを持ち行動することで、目標や目的が明確し、一年ごとにテーマを達成していくことで、一人ひとりのモチベーションアップにもつながっていきます。そして何より、社員全員の強い連帯感が生まれることを感じています。
今期のテーマ「顧客フォーカス」に向けて、既にさまざまな施策が発表されています。これからも社員一丸となり、果敢に向かっていきますので、今後の私たちにも、是非ご期待ください。

人気の記事

PAGE TOP