2017.06.30

イベント

東洋大学内大ホールで行うトップセミナーに、代表の小林が登壇!

五十嵐
東洋大学内大ホールで行うトップセミナーに、代表の小林が登壇!

こんにちは。人事担当の五十嵐です。

自分の出身校卒業生で活躍している方に、親近感を覚えて自分も頑張ろうって思うことはありませんか?私は群馬県出身なのですが、地元が同じ方と東京でお会いするだけで、負けないように努力しようと勇気付けられることがよくあります。

 

そういった学生のモチベーション向上のため、6月20日に東洋大学で開催された「未来を拓くトップセミナー」に、当社代表の小林が登壇しました。大学構内の井上円了ホールで開催されたこの講演会には、430名以上の学生が参加して大盛況でした。

 

▲学年・学部を問わずたくさんの学生が集まりました!

 

「未来を拓くトップセミナー」は大学主催で、学生のキャリア形成のために、各界で活躍している方をお招きし、講演会を設けているものです。東洋大学では、このように社会に出て各分野で存在感を発揮している方々と、これから社会に羽ばたく学生をつなぐイベント作りなどに、とても力を入れておられます。

 

「未来を拓くトップセミナー」の詳細についてはこちら

https://www.toyo.ac.jp/site/news/324342.html

 

当日、弊社小林がお話した内容は

・学生だった時代にどんなことを考えていたのか

・ファーストキャリアをベンチャー企業に決めたのはどうしてか

・23歳で起業しようと思った決め手はなにか

・創業当時にどんな理想をかかげていたのか

など、学生にとってより身近な話題を取り上げました。当時23歳の代表が、大学の後輩2人と立ち上げた創業当時の話には、驚くような泥臭さがあるためその当時の代表と年齢の近い皆さんには刺激的な内容だったのではないかと思います。

 

創業当時の話はこちらにも掲載しています
https://www.me-recruit.com/message

 

 

 

また、リユース業界や、EC業界についての現状と今後の可能性の話などは、学生の皆さんにも分かりやすく伝えられたようで、真剣に聞き入る姿が印象的でした。

▲話す小林にも、自然と力が入ります!

 

 

後半では質疑応答の時間も設けました。IT業界に対する質問や、起業をする際になぜ電池のリユース事業に着目したのかという質問まで、学生から数多く挙がりました。

▲学生より質問を受けている風景。堂々と質問をしてくれた皆さん、ありがとうございます!

 

 

大学1年生が多かったのにも関わらず、積極的な問いかけが多かったのが印象的でした。「なぜ、ベンチャーを選ぶのか?」という話にも挙がっていましたが、学生の皆さんには自分で就職の選択肢を狭めることなく、一番ぴったりな企業を探して、思い切り活躍して欲しいですね。そんな環境を、私たちはこれからも提供していけたらと思っています。

 

 

 

 

新卒会社説明会

新卒会社説明会
現在、2018卒の会社説明会でも、実際に代表が登壇するセミナーを開催しています。
どなたでも参加することができますので興味のある方は遊びに来てください。
エントリーはこちら
https://www.me-recruit.com/

 

人気の記事

PAGE TOP